DMM英会話でビジネス英語は学べる?レベルや内容を考察

DMM英会話でビジネスで通用する英語は学べるか?教材のレベルやレッスン内容を詳しく解説します。

DMM英会話でビジネス英語は
学べるのでしょうか?

ビジネス英会話って、
日常会話に比べてかなりハードルが
高く感じられますよね?

気軽な雑談と違って
仕事上の会話ですから

相手に対して
失礼な言葉遣いをしないように
気をつける必要がありますし、

聞き間違いや
誤解を招くような表現は

取り返しのつかないミスに繋がる
恐れがありますから
十分に注意しなければなりません。

そもそも、日本語でも
仕事で上司や取引先とする会話は

家族や友人とのお喋りと比べて
言葉の使い方も会話の内容も
はるかに難易度が上がりますから、

それを英語でするとなると
さらにハードルが高くなるのは
当然ですよね。

では、ビジネス英語は
どうやって勉強すれば良いので
しょうか?

DMM英会話のレッスンで
身に付けられるのでしょうか?

私自身の体験を踏まえて
考察していきたいと思います。

さっそく見ていきましょう。

ビジネス英語と言っても、求めるレベルは人それぞれ

このページを
ご覧になっているということは、

あなたはビジネス英語に
関心をお持ちの方だと思います。

現在の仕事で
英語を使う業務に就いていて
レベルアップを図りたい
と思っている方かもしれませんし、

将来的に英語を使う職業に
就きたいと考えていたり、

収入アップのために
外資系企業への転職を
目指している方かもしれません。

また、勤めている会社が
外国の企業に買収されて
突然上司が外国人になったり、

社内の公用語が
いきなり英語になったりして

今から大急ぎで英語力を
身に付けなければならないという
切羽詰まった状況の方も
いらっしゃるかもしれません。

このように、
一口にビジネス英語と言っても

学ぶ理由や目的は
人それぞれ違いますので、

それによって求めるレベルも
人それぞれ違ってきます。

たとえば、私がDMM英会話の
レッスンを受け始めた当初に
目標としていたレベルは

勤務先の外国人の同僚に
必要な用件を正確に
伝えられるようになりたい

オフィスにかかってきた
英語の電話の用件を聞いて、
担当者が不在でも
伝言を残せるようになりたい

仕事上のやり取りとして
失礼のない英文のメールを
書けるようになりたい

というものでした。

ビジネス英語と言うと、

海外の企業を相手に
交渉や商談を取りまとめたり、

外資系企業のミーティングで
ネイティブスピーカーと対等に
議論ができるレベルを

思い浮かべる方も
いらっしゃるかと思いますが、

私にとっては、
職場で恥ずかしい思いをせず

何とか最低限の
仕事をこなしていける英語力を
身に付けることが目標でした。

そして、現在の私は
その目標は概ね達成することが
できました。

どんなレベルのビジネス英語を学べるか?

では、DMM英会話では
どんなレベルのビジネス英語を
学ぶことができるのでしょうか?

レッスン教材には
「ビジネス」という
カテゴリーがあって、

その中には
以下の項目が並んでいます。

【The Basics(基礎)】レベル6

Eメールを書く、プレゼンをするなど
よくある業務に必要な語彙と英語力を
身に付けます。

レッスン01:Self-Introductions
レッスン02:Apologizing
レッスン03:Asking for Futher Instructions
レッスン04:Making Requests
レッスン05:Business Calls
レッスン06:Job Interviews
レッスン07:Disccussions
レッスン08:Meetings
レッスン09:Presentations
レッスン10:Email

【Socializing(関係づくり)】レベル6

人脈作りのためのイベントや
新入社員を迎えるシチュエーションで
使える一般表現を学びます。

レッスン01:Making Business Introductions
レッスン02:welcoming Visitors
レッスン03:Starting a Conversation
レッスン04:Describing a Business
レッスン05:Invitations
レッスン06:Cheering up Your Co-Worker
レッスン07:Going out for a Drink With Your Co-Workers
レッスン08:Greeting a New Employee

【Telephone Skills(電話応対)】レベル5

発注や日程の調整など、
ビジネスの電話に必要な一般表現と
マナーを身に付けます。

レッスン01:Answering a Call
レッスン02:Taking and Leaving Messages
レッスン03:Placing an Order
レッスン04:Asking for Information
レッスン05:Making a Reservation
レッスン06:Accepting a Job Offer
レッスン07:Dealing With a Wrong Number
レッスン08:Giving Directions to the Office
レッスン09:Making an Appointment

【Conversations(会話)】レベル6

謝罪や昇進のお願いなど、
言葉の選び方や文化的知識に要注意な
ビジネスシーンを紹介しています。

レッスン01:Making an Apology
レッスン02:Showing Interest and Appreciation
レッスン03:Describing a Product
レッスン04:Expressing an Opinion
レッスン05:Asking Your Co-Worker for Help
レッスン06:Welcoming a New Employee
レッスン07:Assigning Tasks
レッスン08:Getting a Promotion
レッスン09:Giving Advice to Your Co-Worker
レッスン10:Reprimanding Your Staff
レッスン11:Resigning From a Job
レッスン12:Firing an Employee
レッスン13:Announcing a Pay Cut
レッスン14:Interviews
レッスン15:Making an Announcement

【Meetings(ミーティング)】レベル7

プレゼンや、図や表を使った説明など
いろいろなミーティングや業務で
使える英語を紹介しています。

レッスン01:Setting Up a Meeting
レッスン02:Conducting a Business Meeting
レッスン03:Meeting Agendas
レッスン04:Graph Reports
レッスン05:Dealing with Problems
レッスン06:Brainstorming Sessions
レッスン07:Conveying Your Ideas
レッスン08:Delivering a Presentation
レッスン09:Organizing an Event

【Negotiations(交渉)】レベル7

受注や苦情の対応など
さまざまなビジネスシーンで効果的に
交渉するための英語力を身に付けます。

レッスン01:Negotiating with a Client Company
レッスン02:Proposing a Joint Venture
レッスン03:Processing an Order
レッスン04:Business Lunches
レッスン05:Mergers & Acquisitions
レッスン06:Handling Customer Complaints

このように、簡単な電話応対から
苦情対応や商談などの高度な交渉まで

ビジネスにおける
様々なシチュエーションに応じて

使える英語を身に付けるための
テキストが用意されています。

各教材にはそれぞれの難易度に応じて
目安となるレベルが示されているので、

自分のレベルに合った教材を選んで
無理なくビジネス英語が学べるように
なっています。

ちなみに、ビジネスの教材は
レベル5~7の人が対象となっています。

ですので、
まだレベル4以下の初級の方は

「会話」や「文法」など
他の教材で基礎力をつけてから
チャレンジすると良いでしょう。

DMM英会話のレベル設定や
自分のレベルを知る方法については

こちらのページで詳しく
説明していますのでご参照ください。

<レッスンの流れはどんな感じか?>

最後に「ビジネス」の教材を使った
レッスンの流れについて触れておきます。

個々のテキストによって
多少の違いはありますが、

レッスンの流れは
概ね以下のような感じです。

1.今回のテーマで使う表現を学ぶ

2.会話文を講師と一緒に声に出して読む

3.読んだ会話文についての質問に答える

4.講師とロールプレイをする

5.レッスンの総括

たとえば、電話応対の
「Answering a Call」のレッスンでは、

まず最初に

Hello, how may I help?
(はい、どのようなご用件ですか)

Can I have your name, sir/madam?
(お名前をちょうだいできますか)

Would you mind spelling that for me?
(スペルをお願いしてもよろしいですか)

Could you wait for a moment, please?
(少々お待ちください)

I’ll try to put you through.
(おつなぎしてみます)

といった、会社で電話を取る際に
役に立つ表現を学んで、

それらの表現が使われている会話文を
講師と一緒に声に出して読みます。

そして、その会話文を
ちゃんと理解できているかを
チェックするために

講師からいくつか質問されるので
それに答えます。

次のロールプレイでは、
あるシチュエーションが与えられ、

先ほど学んだ表現を使いながら、
講師は電話をかけてきた人
生徒は電話を取る人の役を演じ、

最後にレッスンの総括をして終わり
という流れになります。

ロールプレイは難しいですが、
実践的なレッスンでとても有益ですし

慣れてくるとアドリブを入れたりして
会話を楽しむこともできるので
結構面白いです。

以上が、DMM英会話での
ビジネス英語のレッスンの概要です。

英検1級レベルの
超上級者の方がどう思われるかは
分かりませんが、

少なくとも私にとっては
DMM英会話のレッスンのおかげで

職場で何とか英語を使って
仕事ができるレベルになれたので
とても有益でした。

かつての私のように
職場で英語力が無くて
肩身の狭い思いをしている方や

これから英語を勉強して
仕事に活かしていきたい方には

DMM英会話のビジネス教材は
簡単な電話応対から
英語を使った高度な交渉まで

幅広いレベルの
ビジネス英会話を学べるので
おすすめです。

体験レッスンでも
ビジネスの教材を使ったレッスンを
受けることができますので

気になる方は一度試してみては
いかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました