DMM英会話は子供でも効果ある?4歳長男が受講した口コミ

このページを
ご覧になっていらっしゃる
ということは、

あなたはお子さんに
DMM英会話のレッスンを
受けさせてみようかな

と検討されている方でしょうか?

最近は英語教育の低年齢化が
どんどん進んでいますよね。

2020年からは
小学3年生から英語の授業が
必修になりますし、

それに伴って、
既に一部の小学校では
1年生から英語に触れる授業が
行われていたりします。

また、私の息子が通う幼稚園でも
隔週で英語の先生が来て
レッスンがあったりと

英語の勉強を始める年齢が
どんどん前倒しされているのを
感じます。

そうなると、
小さな子を持つ親としては

早めに英語を習わせないと
マズいんじゃないか

と不安に思ったりしますよね。

実は、私はもともとは
子供に英語を習わせることには
ほとんど興味がなくて、

まだ日本語だって
ロクに話せないのに
英語の勉強なんて早すぎる

と思っていたのですが、

幼稚園や小学1年生から
英語の時間があるのなら、

最初でつまづいて
英語に対してヘンに苦手意識を
持ってしまわないように

早いウチから
英会話を習わせておこう
と考えるようになりました。

そこで、我が家では
息子が4歳(年中)の時から
DMM英会話でレッスンを
受けさせています。

とはいえ、
オンライン英会話って、

サラリーマンやOLなど
大人が利用する
イメージがありますから、

本当に小さな子供でも
レッスンを受けられるのか?

子供向けのレッスンが受けられて
ちゃんと上達するのか?

など、いろいろと
気になることがありますよね。

そこで、このページでは
私の息子が実際にレッスンを
受けてみた体験をもとに、

DMM英会話のレッスンは
何歳から受けられるか?

キッズ向けの教材は
充実しているのか?

子供に教えるのが
上手な講師は在籍しているか?

実際に受講させてみて
どのくらい効果があったか?

などについて
口コミ情報を交えながら
考察してみようと思います。

さっそく見ていきましょう。

【何歳から受講できる?】

まず初めに、

DMM英会話のレッスンは
何歳から受講できるのか?

について
考えてみようと思います。

公式ページの記載を見ると、

DMM英会話のレッスンは
3歳以上のお子さまが対象です。

と書かれています。

幼稚園で言うと
各学年の園児の年齢は

プレ:2歳~3歳
年少:3歳~4歳
年中:4歳~5歳
年長:5歳~6歳

ですから、
プレ保育や年少さんでも
受講できるということになります。

わが子の3歳の時の
発達の様子を考えると

さすがにプレや年少の子には
ちょっと早すぎるような
気もしますが、

成長の早いお子さんなら
大丈夫かもしれません。

ちなみに、ウチの息子は
年中の冬(4歳10ヶ月)から
レッスンを受け始めました。

最初は英語が
まったく分からない上に、

パソコンの画面の
向こう側にいる人と話すことにも
戸惑っている様子で、

私が横に付いていても
ほとんどレッスンに
なっていませんでしたが、

日本人の講師からレッスンを
受けるようにしたところ

多少は英会話のレッスンぽい
やり取りができるように
なりました。

受講を開始してから
約10ヶ月が経つ
現在(5歳8ヶ月)でも

依然として親が横に付いて
サポートしないと難しいですが、

日本人講師を相手に受講して
レッスンの受け方や
流れを理解できたためか

次第に外国人の講師からも
一応レッスンが受けられるように
なりました。

ですので、
英語がまったく分からない
お子さんには

最初は日本人の講師から
レッスンを受けさせてみるのも
良い方法だと思います。

また、お子さんに付き添われる
お母さん・お父さんが
もし英語が苦手だとしても、

講師が日本人なら
安心してレッスンを受けさせる
ことができますので、
おすすめです。

※日本人講師については
後ほど詳しく説明します。

【子供向けの教材は充実しているの?】

次に教材についてですが、

DMM英会話には
以下の2つの子供向けの教材が
用意されています。

『キッズ英語』
『LET’S GO』

「えっ、たった2つだけ?!」
と心配になってしまいましたか?

でも、その点はご安心ください。

『キッズ英語』には
レッスン01からレッスン52まで
52回分のテキストがありますし、

『LET’S GO』には
258レッスンのテキストが
収められています。

また、キッズ向け専用の
テキストではありませんが、

『SIDE BY SIDE』という
入門者向けのテキストは
小さい子供も使うことができますし、

小学生を対象にした
『Elementary Reading Series』
という教材もありますので、

教材が足りなくて困る
ということはないと思います。

では、テキストの数は
沢山あるから問題ないとして、

肝心の教材の中身は
どうなのでしょうか?

それぞれ簡単に見てみましょう。

■キッズ英語■

『キッズ英語』は
DMM英会話が小さな子ども向けに
作成したオリジナル教材で、

アルファベットや
基本的な英単語の学習から
始まっているので、

英語を勉強するのが初めての子でも
ムリなく楽しく学んでいける
内容になっています。

最初の方は
もちろん簡単な内容ですが、
レッスンが進むにつれて

講師からの質問に、単語ではなく
文で答えさせるようになるなど
少しずつ難易度が上がっていきます。

また、「いま何時?」など
お子さんの年齢によっては
日本語でも難しく感じるレッスンが
あるかもしれません。

難しいレッスンを
一旦飛ばして後で受けたり、

苦手なところを
何度も繰り返し受講するのは
自由にできますので、

英語に楽しく触れることを第一に
気楽にレッスンを受けるのが
おすすめです。

英語を学ぶのが初めてのお子さんは
このテキストから始められると
良いでしょう。

■LET’S GO■

『LET’S GO』は
オックスフォード大学出版が発行する
世界的に有名な幼児英語教材です。

書店でも市販されていて
通学型のキッズ英会話スクールでも
よく利用されるテキストですので

表紙に見覚えのある方も
いらっしゃるかもしれません。

DMM英会話では
出版社との提携によって
こういった市販のテキストを
レッスンで使うことができるのです。

※DMM英会話の教材の
種類や利用の仕方について
詳しく知りたい方は、

DMM英会話の教材の充実度は?
レベルや種類、使い方を考察

のページで説明していますので、
そちらをご覧ください。

この『LET’S GO』も
英会話初心者の子供から
学べる内容になっていますが、

最初の入門編「Let’s Begin」の
レッスン01のテキストがいきなり

Hi! What’s your name?
I’m Kate.

という会話で始まっていますので、

英語に触れるのが
本当に初めてのお子さんには
ちょっと厳しいかもしれません。

ですので、初心者のお子さんは
まずは先ほどご紹介した
『キッズ英語』で英語に慣れて、

その後で、
この『LET’S GO』を使って
勉強していくのが良いと思います。

さすが世界的な
ベストセラー教材だけあって、

カラフルなイラストが満載で
子供が飽きずに楽しく勉強できるよう
工夫が凝らされていますし、

レベル1の入門クラスから
レベル6の中級クラスまで
全258のレッスンを通して

無理なく着実に
英会話が上達できるように
作られています。

英語で簡単な文章が
少し喋れるようになってきた頃から
使い始めると良いでしょう。

【子供に教えるのが上手な講師はいる?】

講師についてはどうでしょうか?

子供が習い事をする上で
先生との相性はとても大事ですから、

キッズ向けのレッスンを
上手くできる講師がいるのかどうか
気になりますよね。

結論から言いますと、

DMM英会話には
6,500人以上の講師が在籍していて、

その中には
子供向けのレッスンができる講師が
多数在籍しています。

レッスンを予約する際に利用する
「予約・講師検索」の画面で

「キッズ向け」を選択して
絞り込み検索をすれば

キッズ向けのレッスンができる先生を
見つけることができます。

試しに検索してみたところ、
1,828人がヒットしました。

また、先ほど紹介した
『LET’S GO』のテキストを使って
レッスンを受けたい場合は、

「Let’s Go対応」を選択して
絞り込み検索をすれば、

『LET’S GO』の教材を扱える講師が
表示されます。

もちろん、キッズ向けの
レッスンに対応できると言っても
先生のタイプは人それぞれですが、

「キッズ向け」の講師は
笑顔でゆっくりと子供向けのトーンで
話しかけてくれる人が多いです。

お互いの相性もありますので、
最初の内はいろんな先生の
レッスンを受けてみて、

お気に入りの先生が見つかったら
その講師のレッスンを中心に
受講していくと良いと思います。

【ネイティブの講師は在籍している?】

DMM英会話には
フィリピン人の講師だけでなく、

アジア、ヨーロッパ、中南米など
世界122カ国の講師が
在籍しているので、

バラエティーに富んだ国々の
講師からレッスンが受けられる
という特長がありますが、

「プラスネイティブプラン」という
料金の高い上位プランに加入すれば

通常の「スタンダードプラン」で
受講できる講師の他に

アメリカ、イギリス、カナダなどの
ネイティブの講師からも
レッスンを受けることができます。

小さな子供にとっては
初めて触れる英語ですから、

せっかく英会話を習わせるなら
やっぱり発音の良いネイティブから
レッスンを受けさせたい

と思われる親御さんは
結構多いのではないでしょうか?

実際、我が家でも
私は現在スタンダードプランで
レッスンを受けていますが、

息子にはプラスネイティブプランで
レッスンを受講させています。

【日本人の講師もいるの?】

ちなみに、
「プラスネイティブプラン」
を契約すると、

ネイティブ講師のレッスンが
受けられるようになるだけでなく、

日本人の講師のレッスンも
受けられるようになります。

私はどちらかと言うと
日本人講師からレッスンを受けるのは
あまり良くないと考えていますが、

先ほども書きましたが、

小さな子供が
いきなり外国人の講師から
オンラインでレッスンを受けるのは
結構難しい場合があります。

私の息子は
何をしたら良いか分からない様子で
かなり戸惑っていました。

そういう場合でも
先生が気心の知れた日本人なら
上手く受講できたりしますので

お子さんがまだ小さい内は
日本人講師からレッスンを受けるのも
アリだと思います。

とにかくキッズの英会話は
楽しくレッスンを受け続けることが
大事だと思いますので、

どのタイプの講師を選ぶかは
お子さんのレッスン時の様子を見て
決められると良いと思います。

日本人講師のレッスンは
無料体験レッスンでも
1回受けることができますし、

入会後もプランは
1ヶ月単位で変更できますので

いろいろと試しながら
お子さんと相性の合う講師を
見つけてみてはいかがでしょうか?

【料金は毎月いくらかかる?】

スタンダードプランと
プラスネイティブプランの話が
出ましたので

料金についても
簡単に触れておきます。

DMM英会話の料金プランは
とてもシンプルで、

先ほど説明しました通り、
受講できる講師のタイプによって

・スタンダードプラン
・プラスネイティブプラン

の2つのプランがあり、

それぞれのプランに対して

・毎日1レッスン
・毎日2レッスン
・毎日3レッスン

の中から
一日に受講できるレッスン数を
選ぶことになります。

料金を表にまとめると
以下の通りです。

スタンダード
プラン
プラスネイティブ
プラン
毎日1レッスン6,480円15,800円
毎日2レッスン10,780円31,200円
毎日3レッスン15,180円45,100円

※料金は税込み金額を表示しています。

おそらく大抵のお子さんは
一日に何回もレッスンを
受ける必要はないでしょうから、

選択肢としては

スタンダードプランで
毎日1レッスンの
月額6,480円(税込み)

プラスネイティブプランで
毎日1レッスンの
月額15,800円(税込み)

のどちらかで検討される方が
多いのではないかと思います。

両者の違いは単に

ネイティブ&日本人講師の
レッスンを受講できるか否か

だけですので、

ネイティブや日本人講師の
レッスンを受けられるメリットと

毎月の料金の差額(9,320円)を
天秤に掛けて

どちらにするかを
決められたら良いかと思います。

ちなみに、DMM英会話では
上記の月額料金以外に
費用がかかることはありません。

入会金はありませんし、
テキストも無料で使えるので
教材費がかかることもありません。

休会や退会の手続きも
パソコン上の操作で1ヶ月単位で
簡単にできますので、

料金の支払いの面で
トラブルなどが起こる心配は
まずないと思います。

【親子でアカウントを共有できる?】

ところで、私のように
親自身も英会話のレッスンを
受講している人は、

親子で1日おきに受講したりして
レッスン回数を分け合えば
安上がりに済むのでは?

とお考えになる方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし、残念ながら

DMM英会話では
1アカウントにつき1名で
利用する決まりになっていますので、

家族でアカウントを共有して
利用することはできません。

この件については
インターネット上でも
いろいろと情報が錯綜していて

12歳以下の子供については
最初の1ヶ月以内に限り、
保護者とアカウントを共有して
ご利用することができる

といった説明をしているサイトが
結構あったりするのですが、

私がDMM英会話の窓口に
直接問い合わせをしたところ

規約の改定により
現在はアカウントの共有は
一切できない

とのことでしたので、
お間違えにならないよう
お気をつけください。

ちなみに、
他のオンライン英会話でも

家族でアカウントの
共有ができるスクールは
あまり多くありません。

私が調べたところ、

「リップルキッズパーク」
「ハッチリンクジュニア」
「ジオスオンライン(こどもコース)」

はアカウントの共有が
できるようですが、

これらの3つのスクールは
キッズ向け英会話スクールなので

お子さんが2人以上いて
兄弟姉妹でレッスンを分け合って
受講するには良いですが、

親子でアカウントを
共有するのは難しいと思います。

【実際に受講して効果はあったか?】

ここまで、

DMM英会話には
小さな子供がレッスンを
受けられる環境が整っているのか?

また、その際にかかる費用や
気をつけるべきポイントは何か?

などについて
詳しく説明してきました。

では、実際のところ、
小さな子供がレッスンを受けて
効果はあるのでしょうか?

この点については、

子供のその時点での
成長や発達の度合などによって
個人差がありますし、

親の期待度によっても
評価が変わってくると思うので
一概には言えませんが、

少なくとも私の息子に関しては
一定の効果がありました。

まず一番大きかったのは
幼稚園の英語を授業を
楽しく受けられるようになった点です。

英語の授業といっても
幼稚園ですので、

先生が「cat」と言ったら、
園児がネコの絵が描かれた
カルタを取る

というような遊びを取り入れた
簡単なものですが、

年中の時に授業参観で見た時は
ほとんど何もできずに
つまらなそうにしていたのが、

今では楽しく積極的に
参加できるようになりました。

もちろんこんな授業は、
英語力がどうこうというより

ただ単に
「cat=ネコ」「dog=イヌ」
ということを知っていれば
できることなので、

別にカルタが取れるように
なったからといって
大した意味はないのですが、

こうやって
ちょっとでも先回りして
勉強しておくことで

英語が得意だと感じて
好きになってくれれば御の字だと
思っています。

また、実際の英語力の面でも、

以前は質問に対して
単語で答えるのがやっとだったのが、

最近は先生からの質問に
ちゃんとした文で
答えられるようになりました。

簡単なやり取りとはいえ、
先生と英語で意思疎通ができる
ようになったことは

10ヶ月前の我が子には
考えられないほど大きな成長で、

これもDMM英会話の教材に沿って
レッスンを受けて勉強してきた
おかげだと思っています。

このように私の息子にとって
DMM英会話のレッスンは
効果がありました。

人によっては物足りなく
感じられてしまうレベルかも
しれませんが、

実際に息子を見てきた私としては、
ピアノや水泳など
他の習い事と比べても

かなり成果があった方だと
感じていますし、

何よりイヤイヤではなく
自ら進んで楽しそうに
レッスンを受けてくれるので、

今後も続けさせていこうと
考えています。

以上、DMM英会話のレッスンは
小さな子供でも
受講できるかについて

私の息子の体験談を交えながら
いろいろと考察してきました。

お子さんの年齢や
その時点での成長の度合い、

性格や好みなどによって
合う合わないなどの
個人差はあるかと思いますが、

一つの口コミ情報として
参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました