DMM英会話の休会中の料金は?退会との違いや注意点を考察

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

DMM英会話をやめたくなった時はどうすればいい?休会と退会の違いや注意点について解説します。

DMM英会話をやめたくなった時は
どんな手続きをすれば
良いのでしょうか?

入会する時は簡単でも
やめるのが難しいサービスって
結構ありますよね。

携帯電話やインターネット回線は
2年縛りとかで更新月に解約しないと
違約金が請求されたりしますし、

生命保険などの解約は
内容が難しくて分からなかったり、
手続きが面倒だったりして
なかなかやめられなかったりします。

携帯電話や保険のように入会するのは簡単でもやめるのが難しかったら困りますよね。

また、私は以前足を骨折した時に
治るまでの数ヶ月間
スポーツジムを休会したのですが、

休会中も費用がかかり、
結果的には一旦退会して再入会した方が
得だったということがありました。

スポーツジムなどでは休会中も費用がかかることもあります。

入会する時は割引キャンペーンなどで
お得に入会できたと思っても、

利用を停止する時に
思わぬ費用がかかったり、

退会手続きが煩雑だったり
しつこく引き留められたりして

ずるずると解約が引き延ばされて
余計な料金がかかってしまったら
本末転倒ですよね。

そこで、このページでは

DMM英会話の解約は
どんな手続きをすれば良いのか?

休会と退会の違いは何か?

利用を停止するにあたって
費用がかかったりしないか?

などについて
詳しく解説していきます。

さっそく見ていきましょう。

休会と退会の違い

DMM英会話の利用をやめるには
次の2つの方法があります。

「休会」と「退会」です。

休会とは、文字通り
DMM英会話でレッスンを受けるのを
お休みすることで、

将来またレッスンを受けたくなった時に
すぐに再開できるように

レッスン履歴などのデータを
消さずに残しておきつつも、

毎月の料金の支払いを
ストップさせる手続きのことを
言います。

それに対して、退会とは、
DMM英会話の運営会社である
DMM.comの会員アカウントを削除する
手続きのことで、

退会手続きをすると
オンライン英会話のサービスだけでなく

ゲームや動画の視聴など
DMM.comの提供しているサービスが
すべて利用できなくなります。

ですので、
将来的にまた英会話レッスンの受講を
再開する可能性が少しでもある方や、

英会話のレッスン以外にも
DMM.comのサービスを利用している方は

退会ではなく、
休会を選ぶと良いでしょう。

また、上記以外の人も
とりあえず休会手続きをすれば
料金が発生することはないので、

わざわざ退会手続きをしなくても
特に問題はありません。

ただし、今後DMM.comのサービスを
一切利用するつもりがなく、

会員アカウントの個人情報を
きれいに削除してしまいたいという方は
退会手続きをすると良いでしょう。

手続きのタイミングはいつが良い?

では、休会や退会の手続きは
いつ行えば良いのでしょうか?

手続きをするタイミングによって
損したりすることはないのか
気になりますよね?

結論から言いますと、
休会手続きのタイミングは
いつ行っても大丈夫です。

レッスン料金は毎月の課金日に
1ヶ月分を前払いしていますので、、

月のどのタイミングで手続きをしても
現プランの有効期限最終日までは
レッスンを受けることができ、

その翌日から休会となる
仕組みになっています。

つまり、毎月の課金日が21日の人が
5/10に休会手続きを行った場合、

既に4/21に4/21~5/20までの
1ヶ月分の料金を払い込んでいますから

5/20までは引き続き受講でき、
5/21から休会となるわけです。

ですので、
まだ有効期限が残っているから
もったいないと思って

有効期限ギリギリまで待って
休会手続きを行う必要はなく、

休会したくなった時に
手続きをしてしまえば良い
ということになります。

次に退会手続きを行う
タイミングについてですが、

退会の手続きは
休会中でないとできない仕組みに
なっています。

つまり、休会手続きをして、
現プランの有効期限最終日が過ぎて、

休会の状態になってはじめて
退会手続きができるというわけです。

先ほどの例で言うと、
5/10に休会の手続きをした場合、
5/20までは有効期限内ですから

5/21以降になって
ようやく退会の手続きができる
ということになります。

思い立った時にすぐ退会できないのが
少し煩わしく感じられるかも
しれませんが、

とりあえず休会手続きさえしておけば
それ以降に料金が課金される心配は
ありませんので、

退会の手続きは
後で思い出した頃にやっても
特に問題はないかと思います。

手続きは簡単

休会も退会も
手続きはとても簡単です。

インターネット上の操作だけで
手続きできるので

解約するために窓口に電話をかけて
気まずい思いをしたり、

しつこく引き留められたりする
心配はありません。

休会手続きの方法は、

①DMM英会話のページ左側にある
メニューバーから「登録情報変更」を
クリック、

②すると「登録情報変更」の画面が
表示されるので、
一番下にある「休会する」をクリック、

③最後に、移動した先のページで
アンケートを一言記入して、
「休会する」をクリックすれば

休会手続き完了となります。

退会の手続きは、
先ほど書きました通り

まず休会手続きを済ませて
休会の状態になってからでないと
行えませんが、

手続き自体は簡単で、

①DMMアカウントにログイン後、
画面右上の人の形をしたアイコンから
「DMMアカウント情報」を選択、

②「DMMアカウント情報」の
画面が表示されたら、一番下の
「退会する」をクリック、

③すると、確認画面が表示されるので
一番下までスクロールし、
注意事項に同意するにチェックを入れて
「退会を進める」をクリック、

④移動した先のページで
一番下の「削除する」をクリック、

⑤最後に表示される退会ページで
任意のアンケートに記入して、
「退会する」をクリックすれば

退会手続き完了となります。

退会は休会に比べて
何度か確認画面が入るので
少し手順が多いですが、

操作自体はとても簡単なので
数分で完了します。

休会・退会するの際の注意点

ここまでの説明で
休会と退会の仕組みについては
お分かりいただけたかと思いますが、

それぞれの手続きをする際の
注意点についても触れておきます。

休会は退会と違って
レッスン履歴などのデータを消さずに
残したままにしておいて、

将来受講を再開したくなった時に
休会前のデータを引き継ぐことができる
と先ほど説明しましたが、

プラスレッスンチケットに関しては
注意が必要です。

プラスレッスンチケットとは、

講師側の原因でレッスンが
キャンセルになってしまった場合に
その補填として発行されたり、

通常のレッスンに加えて
さらに追加で受講したい場合に
1枚500円で購入できる
レッスンチケットのことですが、

このチケットの有効期限は
発行日より30日間となっています。

休会中でもレッスンチケットは
使用することが可能ですが、

休会したからと言って
有効期限が延びるわけでは
ありませんので

チケットをムダにしたくない方は
有効期限内に使い切ってしまう
必要があります。

また、退会手続きをした場合は
アカウント自体が削除されて、

その時点で
プラスレッスンチケットは
失効となりますのでご注意ください。

受講を再開する際の手続き方法

最後に、DMM英会話をやめた後に
またレッスンを受けたくなった時の

利用再開の手続き方法についても
触れておきます。

まず、休会手続きをした後でも、
現プランの有効期限の最終日を迎えて
いなければ

まだ休会状態になっていないので
休会の申請を取り消すことができます。

そうすれば、
もともと休会手続きをしなかったのと
同じように、引き続きレッスンを
受講することができます。

また、休会手続きをして、
現プランの有効期限最終日が過ぎて
休会中の状態になっている場合は、

休会中のアカウントにログインして
「料金プラン」のページで
希望のプランを選んで申し込むだけで
受講を再開できますし、

その際は、休会前の
レッスン履歴やレッスンノートなどの
データを引き継ぐことができます。

一方、退会した後で
また受講を再開したくなった場合は
手続きがかなり面倒です。

と言うのも、退会すると
DMM.comのアカウントが
完全に削除されてしまうので、

再入会の際には
休会前のレッスンデータが
引き継がれないのはもちろん、

一から入会の申し込みを
やり直さなければならないからです。

しかも、その際には
退会前に登録していたスカイプ名を
再度使うことができないので、

再入会するためには
スカイプ名を変更しなければならず
かなり手間かかります。

このように、休会と退会は
言葉の雰囲気は似ていますが、

再入会のしやすさという点では
かなり大きな違いがあります。

ですので、将来的に少しでも
受講を再開する可能性がある方は

とりあえず休会して
料金の支払いを停止させるだけに
留めておくことをおすすめします。

退会手続きをして
アカウントを削除するのは

英会話レッスンのみならず、
もう二度とDMM.comのサービスを
利用しないことが決まってからでも
遅くはないと思います。

タイトルとURLをコピーしました