DMM英会話は留学前の準備に使える?出発まで何をすべきか

DMM英会話は留学前の準備として使えるか?日本にいる内にやっておくべきことを考察します。

海外に留学する前に
DMM英会話のレッスンを受けるのは
意味があるのでしょうか?

留学前って、
いろいろと不安に思うことが
多いですよね?

今の自分の英語力で
現地に行ってしまって
本当に大丈夫なのか?

ホストファミリーと
ちゃんとコミュニケーションが
取れるだろうか?

学校の授業に
しっかり付いていけるだろうか?

いろんなことが心配になって、
出発前までに何とか
最低限の英語力を身に付けようと

今から焦って
勉強を始めようとしている方も
いらっしゃるかもしれません。

また一方で、
留学前は何かと準備しなければ
ならないことが沢山あって
忙しいですから、

時間がなくて
なかなか英語の勉強まで
手が回らず、

今さら焦ってもしょうがないし、
向こうに行ってから勉強すれば
大丈夫だろう

と開き直っている方も
いらっしゃるかもしれません。

そこで、このページでは、

留学前には
どの程度の英語力を身につけて
おけば良いか?

DMM英会話のレッスンは
留学前の準備として役に立つか?

について考察してみようと
思います。

忙しくても
日本にいる内にある程度は
勉強しておくべきなのか?

それとも、
今さら焦って勉強しても
たかが知れているから

現地に着いてから勉強すれば
十分なのか?

一緒に考えてみましょう。

現地に行けば話せるようになる?

「留学して現地でしばらく過ごせば、
英語は自然と喋れるようになる。」

こういった話を
耳にすることがありますよね?

本当でしょうか?

現地で暮らしているだけで
自然に英語が話せるようになるなら
ラクですよね。

出発する前に
わざわざ日本で勉強する必要は
ないように思われます。

ただ、実際のところは
そうではないようなんですよねぇ。

実は、私は学生時代に
アメリカに短期の語学留学をした
経験があるのですが、

その語学学校には
1年近く留学していても
英語がほとんど話せない日本人が
何人かいました。

で、そういう人達は
やっぱり普段からあまり勉強して
いないんですよねぇ。

あんまり授業に出てこないし、
いつも遊び歩いている様子でした。

もっとも、
彼らには彼らの考えがあるので
他人の私がとやかく言うべき
ことではないのですが、

ただアメリカに来て
生活しているだけでは
英語を話せるようにはならないんだな

と思い知らされました。

せっかく時間とお金をかけて
ここまで来たのに
それで英語が話せるように
ならなかったらもったいない。

そう思った私は
真剣に語学学校の授業を受け、

それ以外の時間も
積極的に英語を話すように
努めたのですが、

と同時に、
日本にいる内にもっと英語を
勉強しておかなかったことを
とても後悔しました。

と言うのも、
アメリカの語学学校でも
テキストを使った文法的な授業は
意外と多くて、

そういった勉強は
日本に居てもできる内容だなと
思ったからです。

せっかく時間とお金をかけて
留学しているのだから、

基本的な勉強は
日本に居る内に済ませておいて

留学先でしかできない勉強に
フォーカスできるレベルになって
おくべきだったなと思ったのです。

また、語学留学では
現地のアメリカ人と話す機会は
思っていたほど
多くありませんでした。

語学学校の先生や
ホストファミリーはもちろん
アメリカ人でしたが、

それ以外に一緒に
時間を過ごすことが多いのは
同じクラスの友達で、

彼らはヨーロッパや
アジア、中東、中南米など
世界中からアメリカに英語を
学びに来ている人達でした。

クラスメイトは
レベルが上のクラスに
行けば行くほど

英語を上手に話せる人が
多くなりますから、

日本にいる内に
しっかり英語を勉強して
留学先の語学学校で
レベルの高いクラスに入った方が

英語を上手に話す友達が
できやすくなるので
英会話が上達しやすくなるのです。

こういった点からも、
留学をできるだけ実りあるものに
するためには、

日本にいる間にできる勉強は
なるべく出発前にやっておいた方が
良いと思います。

ちなみに、私自身は
出発前にあまり勉強せずに
現地に行ってしまったので、

最初のクラス分けで
だいぶ下のクラスに入れられて
しまったため、

留学期間の前半は
少しムダでもったいない時間を
過ごしてしまいました。

後半になってようやく
「留学した甲斐があったな」
と思えるような

有意義な時間を過ごせるように
なったのですが、

時すでに遅しで、
英語が話せるという実感を掴む前に
留学期間が終わってしまいました。

ですので、私自身は
留学についてエラソーなことを
言える身ではないのですが、

一応の経験者ではありますので
反面教師の意見として
参考にしていただければと思います。

留学前にはどんな勉強をすれば良いか?

では、留学する前には
どんな勉強をしておけば
良いのでしょうか?

先ほども言いましたが、
アメリカの語学学校に行っても
テキストを用いた文法的な授業は
わりと多いです。

こういう授業って
日本でも受けられるというか、

日本の英会話スクールで
グループレッスンを受けるのと
ほとんど変わりません。

周りの生徒の肌の色が
違うだけで…。

こういった出発前にできる勉強は
なるべく日本にいる内に
済ませておきましょう。

わざわざ
英会話スクールに通わなくても

書店に行って
中学レベルの基礎的なテキストを
さらっておけば十分です。

大学や大学院に留学する方は
TOEFLのスコアも必要でしょうし、
授業の内容も高度ですから

それだけでは不十分だと
思いますが、

語学学校レベルなら
文法面は基礎を押さえておけば
良いと思います。

だって、日常の英会話で
そんな複雑な構文の文章を
喋ることはありませんから…。

英単語については
覚えておくに越したことは
ありませんが、

そんなに急に
たくさん覚えられるわけでは
ないですよね。

それよりは
現時点で自分が知っている
英単語を上手く使って

自分の言いたいことを話す
訓練をした方が良いのでは
ないか思います。

実際、私が留学した先に、
私よりも明らかに英単語力が
なさそうなのに

結構上手に英語が話せる人が
いました。

それで、その人が
他の人と話しているところを
よく聞いてみると、

やさしい単語を組み合わせて
上手く喋っているんですね。

英単語を覚えたりして
地道に英語力を底上げしてのは
もちろん大事ですが、

こういう簡単な単語を使って
喋ってしまうスキルは
即効性がありますし、
とても重宝すると思います。

と言うのも、留学って
「喋ったもん勝ち」みたいな
ところがあるからです。

例えば、
ディスカッションの授業などで
何か良い意見を思い付いた
としても

なるべく正確に言おうと
いろいろ考えてしまうと

発言のタイミングを逃して
結局何も話せなかった
ということはよくあります。

それよりも、
多少幼稚な言い回しでも
とりあえず発言できる人は

その授業や会話の主導権を
握ることになりますし、

そういう人はどんどん
英会話が上達していきました。

また、ホストファミリーでも
複数の留学生を受け入れている
ところでは、

やはりよく喋る人の方が
可愛がられますし
優遇される傾向があったりします。

ですので、留学前に
自分の知っている簡単な単語だけで
会話をする訓練をしておくことは
とても重要だと思います。

DMM英会話は留学前の人にこそおすすめ

DMM英会話は
そのような留学前の準備には
最適だと思います。

講師とマンツーマンで
毎日英語が話せるので

拙い言い回しでも
繰り返し喋っている内に
だんだんスムーズになってきて

英語を話すことに慣れて
自信が付いてきますし、

挨拶や自己紹介など
留学先ですることになる会話を
予め練習できるからです。

また、DMM英会話には
いろんな国籍の講師がいるので、

留学先の国の講師を選べば
その国の英語の発音に慣れておく
ことができますし、

その国の文化や見どころなど
現地に行った後で役に立つ情報も
教えてもらえるかもしれません。

それに、いろんな国の講師の
レッスンを受けて
様々な発音に慣れておけば

留学先でクラスメイトとなる
世界中の国々の生徒が話す
英語の発音にも対応しやすくなる
と思います。

レッスン内容も
テキストを使って基礎的な文法を
勉強することもできますし、

フリートークレッスンで
自分の今持っている英語力だけで
何とか自分の言いたいことを
伝える練習をすることもできるので、

かなり有意義な留学前の準備が
できると思います。

レッスン料金も月額6,480円~と
リーズナブルですし、

入会金などもなく、
必要なくなったら
いつでも退会できるので

留学前の準備期間だけ受講する
という利用の仕方もできて
便利だと思います。

私がアメリカに留学した当時は
オンライン英会話が
今ほど知られていない頃だったので

残念ながら利用することは
ありませんでしたが、

もし今から留学するのであれば
必ず利用したいと思います。

よかったら検討されてみては
いかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました