DMM英会話はスマホでも受講できる?注意点や改善策を考察

DMM英会話はスマホでも快適に受講できる?デメリットや対処法を考察します。

DMM英会話のレッスンは
スマホでも受けられるのでしょうか?

パソコンを
お持ちでない方にとっては

スマホで受講できるなら
パソコンを買わなくて済むので
助かりますよね。

また、パソコンを持っていても
家族と兼用で使える部屋や
時間が限られていたり、

外出先で空き時間にレッスンを
受けたいという方にとっても

スマホなら
いつでもどこでも受講できるので
便利ですよね。

 

スマホなら外出先でも受講できて便利ですよね。

 

結論から言ってしまいますと、

DMM英会話のレッスンを
スマホで受講することは可能です。

ただし、

パソコンでの受講に比べると
レッスンが受けづらく感じたり、
注意すべき点があります。

どういうことか
さっそく見ていきましょう。

 

 

パソコンよりも受講しづらく感じる点

パソコンでの受講に比べて
レッスンが受けづらくなると言われても

何がどのように
受けづらくなるのか分からないと
判断のしようがないですよね。

そこで、まずは、

スマホでの受講は
パソコンでの受講に比べて
どんなデメリットがあるのか?

について解説し、
問題点を少しでも改善する方法を
探ってみようと思います。

 

デメリット① テキストを見ながら受講しづらい

パソコンでの受講よりも
レッスンが受けづらいと感じる
大きな原因の一つは

スマホの画面のサイズが
小さいことです。

オンライン英会話で
レッスンを受ける場合、

パソコンの画面上で
テキストと講師の顔(映像)を
同時に見ながら受講するのが
一般的ですが、

スマートフォンだと
画面のサイズが小さいので
見づらいのです。

もちろん
レッスンが受けられないわけでは
ないのですが、

スマホの小さい画面で
テキストを参照しつつ
講師の表情を見て受講するのは、

パソコンに慣れている私には
少々やりづらく感じます。

 

画面が小さいので、講師とテキストを同時に見ながらレッスンを受けるのが難しいです。

 

とはいえ、
それでも以前から比べれば、

現在のDMM英会話は
スマホでもだいぶレッスンが
受けやすくなりました。

と言うのも、
DMM英会話は2019年3月から

「Eikaiwa Live」という
新しいレッスン受講システムを
採用しているのですが、

この新システムでは
スカイプを使わず、

Google ChromeやSafariなどの
ブラウザのみで受講できるように
なったからです。

従来までの
スカイプを使うシステムでは、

講師を見る時はスカイプ、
テキストを見る時はブラウザ、
というように

その度にイチイチ
アプリを切り替えなければ
なりませんでしたが、

新しいシステムでは
そうする必要がなくなり

講師の表情もテキストも
ブラウザのアプリで同時に
見られるようになったのです。

 

以前はスカイプとブラウザをイチイチ切り替えなければなりませんでした。

 

ですので、以前と比較すれば
スマホでも格段に
受講しやすくなりましたし、

他のオンライン英会話と比べれば
現在のDMM英会話は
かなり受講しやすいわけですが、

それでも、
パソコンでの受講と比べてしまうと
スマホはやはり画面が小さいので、

講師の表情やテキストは
どうしても見づらく感じます。

 

デメリット② 他のサイトやアプリが閲覧しづらい

上記で説明した通り、
DMM英会話の新受講システムでは
スカイプを使わないので、

受講中にスカイプとブラウザのアプリを
イチイチ切り替える必要は
無くなったのですが、

それでも、たとえば
レッスン中に分からない単語を
調べたくなったりして、

英語の辞書サイトなど
他のサイトやアプリを
閲覧したくなった場合には、

画面の切り替え操作をして
閲覧しなければなりません。

 

他のサイトやアプリを見る時にイチイチ画面を切り替えて閲覧しなければなりません。

 

私はパソコンで
レッスンを受ける時はいつも

画面の端っこに
weblioという英語の辞書サイトを
表示させておいて、

知らない単語が出てきた時や
言いたくてもそれに合った英単語が
分からない時などに

すぐに調べられるように
しているのですが、

スマホだと
英単語を一つ調べるのにも、

画面をイチイチ操作して
切り替えなければならず
ちょっと面倒だったりします。

 

デメリット③ 文字の入力がしづらい

その他の不便な点としては、
文字の入力がしづらい
という点も挙げられます。

オンライン英会話のレッスンを
受けていると、

ライティングの勉強する時や
自分の言いたいことが
口頭で上手く伝えられない時などに

チャットボックスを使って
講師と文字でやり取りすることが
ありますが、

スマホだと
文字の入力がしづらいので
かなり時間がかかってしまいます。

 

スマホだと文字の入力がしづらくて時間がかかってしまいます。

 

文字の入力と言っても
レッスン中に入力するのは
日本語ではなく
アルファベットなので、

テンキーによる
フリック入力ではなく、

パソコンのキーボードと同じ
QWERTY配列のキーボードを
画面に表示させたりと

私なりにいろいろ試行錯誤して
いくつかの入力方法を
試してみたりしたのですが、

やはりスマホだと
いかんせん画面が小さいので、

間違って隣の文字を
打ってしまったりして
かなり時間がかかってしまいます。

 

スマホのアルファベット入力に慣れていない方は結構大変かもしれません。

 

スマホでの文字入力の操作に
慣れている方なら
問題ないかもしれませんが、

私の場合は
かなり苦労させられます。

 

少しでも受講しやすくするには

こうして見てきた通り、
スマートフォンでの受講には

・テキストを見ながら受講しづらい
・他のサイトやアプリが閲覧しづらい
・文字の入力がしづらい

というデメリットがあり、

パソコンで受講するのと比べると
どうしてもレッスンが受けづらく
感じます。

しかも、これらのデメリットは
スマートフォンの画面の
特性によるものなので

完全には解消しようのない
仕方のない問題だったりします。

 

パソコンに比べてスマホの方が受講しづらいのは仕方がありません。

 

ですので、
私の個人的な意見としては

オンライン英会話のレッスンは
なるべくパソコンで受けた方が良い
と思っていますが、

受講の仕方を工夫すれば
それほどデメリットを感じずに
レッスンを受けることはできます。

では、どんな工夫をすれば
良いのでしょうか?

それは、

スマホで受講する時は
「フリートーク」のレッスンを
受けることです。

フリートークなら
レッスン中にテキストを見る必要は
ありませんし、

分からない単語が出てきた時も
あえて辞書サイトで調べたりせず

その場で講師に質問して
会話を進めるようにすれば

イチイチ画面を切り替えて
他のサイトやアプリを
閲覧したりする必要もありません。

また、スマホでの
フリートークレッスンは
会話の実践練習の場と割り切り、

口頭で上手く言えないことが出てきて
チャットを使いたくなった時でも
グッとこらえて

自分の知っている単語や構文だけで
何とか表現する練習をすれば

それはそれで
とても良い訓練になると思います。

 

スマホで受講する時はフリートークのレッスンがおすすめです。

 

もちろん
フリトークのレッスンばかり
受講しているだけでは
英語力は上達しませんから

いつも使える方法では
ありませんが、

たまに外出先などで
スマホでレッスンを受けなければ
ならなくなった時には、

フリートークのレッスンを
受けるようにすると良いと思います。

 

尚、フリートークレッスンの
効果的な受講の仕方については

DMM英会話のフリートークの受け方。
ネタ探しや注意点など

のページで
詳しく説明していますので、
興味のある方はそちらをご覧ください。

 

インターネットへの接続環境について

パソコンでオンライン英会話の
レッスンを受ける場合は、

既にご自宅に光回線や
ケーブルテレビ(CATV)などの
インターネット環境を敷設していて

それを利用される方が
ほとんどだと思いますので
気にする必要は無いのですが、

スマホで受講する場合は
インターネットへの接続環境にも
注意をする必要があります。

 

スマホで受講する場合はインターネットへの接続環境にも注意が必要です。

 

もちろんスマホで
レッスンを受ける場合でも、

自宅にWi-Fi環境が整っていて
自分の家で受講されるのであれば
何の問題もないのですが、

自宅にインターネット環境が無い方や、
外出先でレッスンを受けようと
思っている方は

加入している携帯電話の
データ通信プランを見直したり、

何らかのカタチで
Wi-Fi接続できる環境を確保する
必要があったりします。

 

携帯電話の電波で受講したらどうなる?

まず、気をつけておきたいのは
データ通信量についてで、

携帯電話の電波を利用して
レッスンを受ける場合、

毎月のデータ通信量には
注意をする必要があります。

というのも、
オンライン英会話のレッスンは

パソコンに内蔵のカメラを使って
画面でお互いの顔を見ながら
レッスンを進めるのが一般的ですが、

その際のビデオ通話で
消費されるデータ通信量は
1レッスンあたり約0.75GBとなります。

 

Eikaiwa Liveを使用した際の通信量の目安を教えてください。

 

したがって、
仮にビデオ通話のレッスンを
毎日1レッスンずつ受講した場合、

1ヶ月トータルでは
約22.5GBもの通信量を
消費することになります。

もともとデータ通信量が
無制限のプランを契約している方なら
問題ないかもしれませんが、

そうでない方にとっては
ここまで通信量がかかるとなると
かなり負担が大きいですよね。

 

尚、上記の表でも示されています通り、

カメラをオフにして
音声通話のみで受講すれば
1レッスンあたり約0.15GBとなり、

1ヶ月でも約4.5GBと
だいぶ通信量を節約できます。

ただし、
カメラをオフにするというのは
普通に電話で話をするのと同じで、

レッスン中に
講師がどんな表情をしているかを
見られなくなるだけでなく

自分の側も言葉に詰まった時に
身振り手振りや愛想笑いなどが
使えなくなるため、

特に初心者の方にとっては
非常にレッスンが受けづらくなる
というデメリットがあります。

ですので、
月に一回や二回くらいならともかく、

通信量を節約するために
いつも音声のみで受講するというのは
現実的ではないように思います。

 

<参考記事>
カメラをオフにして音声通話のみで
レッスンを受けるデメリットについては

DMM英会話はカメラなしで受講できる?
注意すべき点は?

のページで詳しく説明しています。

 

また、
データ通信量の問題以外にも、

携帯電話の電波で受講すると
レッスン中に通話が途切れる

雑音が混じって
講師の声が聞き取りづらくなる

といった

通信トラブルが起こりやすくなる
というデメリットもあります。

やはり携帯電話の電波は
Wi-Fi接続に比べて
回線状態が不安定になりがちですので、

受講する場所によっては
レッスンが受けづらくなってしまう
可能性が高くなります。

 

このように、
携帯電話の電波でレッスンを受けるのは

データ通信容量の問題だけでなく
通話(音声)品質の面でも劣るなど
デメリットが大きいので、

私としてはあまりおすすめしません。

 

Wi-Fiスポットを利用する

では、携帯電話の電波を使わずに
DMM英会話を受講するには
どうしたら良いのでしょうか?

まず、
なるべくお金を使わずに
受講する方法としては、

街中のWi-Fiスポットで
レッスンを受けるという手が
あります。

最近は駅や空港など
無料でWi-Fiを提供している施設が
増えていますので、

そういった場所で
スマホをWi-Fi接続して受講すれば

お金をかけずに
安定した通信環境でレッスンを
受けることができます。

 

最近は街中に無料でWi-Fiが使えるところが結構あります。

 

また、駅や空港以外でも、
ファーストフード店やカフェなど
Wi-Fiを利用できる飲食店は
多いですので、

そういったお店なら
コーヒー一杯分くらいの値段で
レッスンを受けることが可能です。

このように街中には
Wi-Fiスポットが結構ありますので、

そういった場所を利用すれば
あまりお金をかけずに
安定した通信状態でレッスンが
受けられます。

 

尚、Wi-Fiスポットを探しても
近所になかなか手頃な場所が
見つからないという方は、

DMM英会話はどこでやる?
自宅以外の7つの受講場所を考察

のページで、
いろいろなスポットを紹介して
いますので、参考にしてください。

 

モバイルWi-Fiルータを利用する

自分の家の近くに
Wi-Fiスポットが無い方や、

自宅にネット環境は無いけれど、
外での受講は集中できないので
家で受講したいという方は

モバイルWi-Fiルーターを
利用するという方法もあります。

モバイルWi-Fiルーターとは
インターネットに接続するための
小さな通信端末のことで、

「ポケットWi-Fi」
「UQ WiMAX」という商品名を
耳にされたことがある方も
多いかと思いますが、

これがあれば
どこでも好きな場所で
レッスンを受けることができますし、

携帯電話の電波より
高速で安定した通信ができるので

レッスン中に音声が途切れたり
雑音が入ることが減り、
だいぶ受講しやすくなります。

 

モバイルWi-Fiルーターを使えば、どこでも安定した通信環境でレッスンが受けられます。

 

ただし、
モバイルWi-Fiルーターを利用するには

ルーター(端末)の費用や
毎月の利用料金が発生してしまう

という欠点があります。

ですので、
誰にでもおすすめというわけでは
ありませんが、

スマホのデータプランを増やして
受講するくらいなら、

いっそのこと
モバイルWi-Fiルーターを
契約してしまった方が

安定した通信環境で受講できるので
良いのではないかと思います。

モバイルWi-Fiルーターは
スマホでの受講だけでなく、

パソコンやテレビ、ゲーム機など
様々な機器で同時に使用することも
できますので、

自宅にインターネット環境が無い方は
この機会に検討されてみても
良いかもしれません。

 

その他の注意点

その他の注意点についても
軽く触れておきます。

スマートフォンで
オンライン英会話を受講する際は
イヤホンを使うと良いです。

なぜかと言いますと、
スマホの画面で講師の顔やテキストを
見ながらレッスンを受けようとすると

スピーカーに耳が当てられず、
講師の声が聞こえづらいからです。

もちろん
スピーカーモードにすれば
耳を当てなくても受講できますが、

そうすると周りにも
大きな音が漏れてしまいますし、
聞こえる音質も悪くなります。

日本語での通話なら
スピーカーモードで難なく会話が
できますが、

外国語になると
ちょっとした雑音でも
途端に聞こえづらくなりますから、

少しでも良い音質を確保するために
イヤホンを使って受講した方が
良いと思います。

 

イヤホンを使うと講師の声が聞こえやすくなるのでおすすめです。

 

また、些細な点ですが、

レッスンを受ける前には
必ずスマホのバッテリー残量を
確認するようにしましょう。

もしレッスンの途中で
充電切れになってしまったら
そこで終了になってしまいますし、

なんとか受講できたとしても
それでバッテリーを
使い切ってしまったら

その後スマホが使えなくなって
大事な電話を逃してしまったり
することもあるかもしれません。

ですので、
レッスンの予約が入っている日は
バッテリーを満タンに
しておいた方が良いと思います。

 

レッスンのある日はバッテリーを充電しておきましょう。

 

尚、レッスン中に
電話がかかってきてしまうと、

着信が優先されて
レッスンが中断させられて
しまいます。

そのようなことにならないよう、
レッスン予約はなるべく
電話がかかって来ない時間帯に
入れるようにしましょう。

また、iPhoneでは
「設定」の画面で、

「機内モード」をオンにして
「Wi-Fi」で接続すれば

電話の着信に邪魔されずに
レッスンを受けることができます。

 

機内モードをオンにしてWi-Fi接続すれば着信に邪魔されません。

 

Androidのスマホのことは
残念ながら持っていないので
よく分かりませんが、

iPhoneをお使いの方は
ぜひ試してみてください。

 

まとめ

こうして見てきた通り、

DMM英会話のレッスンを
スマホで受講することは可能ですが、

パソコンでの受講と比べると
レッスンが受けづらく感じる点が
いくつかあります。

ですので、私としては
スマホでのレッスンの受講は
あまりおすすめしません。

もし受けるとしても
普段は自宅のパソコンでの受講を
メインとし、

家で受講できない時などに
たまにスマホでフリートークの
レッスンを受ける

といったレッスンの受け方が
良いように思われます。

しかし、
パソコンを持っていないなど

どうしてもスマホで受講したい
事情がある方も
少なからずいらっしゃると思います。

そういった方は
データの通信量に注意して、

できれば携帯電話の電波ではなく、
Wi-Fi環境でレッスンを
受けられることをおすすめします。

パソコンでの受講と同じように
というわけには
なかなかいきませんが、

少しでも快適に
レッスンを受けるための
ご参考にしていただけたら幸いです。

 

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー

タイトルとURLをコピーしました